Nobel Prize-winning discovery gives hope to Hiro Fujita

12/06/2012
By

Scroll down to read in Japanese
日本語を読むにはスクロールダウンして下さい

The Japanese are celebrating the winner of the 2012 Nobel Prize in Medicine. Shinya Yamanaka shared the prize with the British scientist, John Gurden for breakthrough work in cell research. The new techniques open the door to new methods to diagnose and treat many types of diseases, such as neuron-degenerative conditions like Parkinson’s Disease. His work allows adult skin cells, when treated with relevant DNA, to become stem cells capable of generating all body cells – called iPS cells.

Hiro Fujita at home

TOKYO (majirox news) — No one is celebrating this work more than those suffering from incurable diseases. Many like Hiro Fujita have now been given new hope for a cure of their condition. Shinya Yamanaka’s discoveries have the potential to one day lead to new cell-based therapies for a variety of human diseases.

Two years ago, when Hiro was 30 years old and in the mist of a promising career as at McCann Erickson he was diagnosed with ALS, also known as Lou Gerhig’s disease. It slowly atrophies the body’s muscles and eventually leads to death.

Hiro lives in an apartment in Tokyo and has round the clock care. A caregiver and family help him, along with a group of 40 friends who take turns every night to cook for Hiro and put him to bed. He plans to live in his apartment as long as possible and now is encouraged by Yamanaka’s iPS cells discovery.

“Everyone is very much hopeful for a cure and this is the best bet we have so far,” Hiro said. “I think considering what they’ve done with animals it is very promising. I just hope they will build up the courage to test it on us and not just animals.”

Advances in science usually take a long time before they find practical application. But Yamanaka is determined that his discovery will be soon put to use, and this gives Hiro hope. At the moment, his situation is a challenge, and one that he overcomes on a daily basis.

“At some point, I chose to fight it, and not accept it. I enjoy fighting it with my friends and family, it gives me something to do, instead of just sitting here and feeling sorry for myself”,” Hiro said.

Hiro posses an amazing amount of courage and a great sense of humor. He even has a blog where he talks about the different emotions he goes through and is determined to make the best of his situation. He even goes to work when he’s up to it.

Hiro’s friend, Steve, said, “My wife and I just had a baby and we asked Hiro to name here, because we wanted her to have the same strength and courage that he has when she grows up. I think he’s a great role model in that way to me and my wife and certainly everyone who knows him. And we are always in his corner.”

Many wonder when the treatment will be available and how much promise it has in helping people suffering from these incurable diseases.

Reed Mauer, president of International Alliances Limited, said, “We are going to see three impacts: It’s going to stimulate a lot more money going into research in Japan. That’s going to to lead to new discoveries. It’s going to to the cells themselves that are going to be transplanted into human being to restore their eye sight, their hearing and maybe even restore pancreases cells to restore insulin function for diabetes.”

According to Mauer, we must be realistic and not create false hope in people on when treatment will be available

“The development of drugs take a long time,” he said. ” Safety is a big issue. These cells could cause cancer — we don’t know. That’s going take a long time with many clinical trials. So let’s not think this is going to happen tomorrow. But it’s coming and I would say within five years we going to be looking at new drugs to cure diseases.”

The Nobel Prize winner of Medicine Yamanaka developed a revolutionary method for inducing skin cells from mice into becoming pluripotent stem cells, or iPS cells. Yamanaka repeated his success with adult human skin cells.

“I am a doctor and a researcher,” Yamanka said. “Since my job is to help patients as a doctor, I would like to save patients who are suffering from diseases and those who are homebound in bed. I would like to give them back a normal life. ”

His work allows researchers to create cell lines that can be studied and used in everything from drug therapies to regenerative medicine.

It is early days yet, but Yamanaka’s breakthrough offers Hiro and other sufferers of similar diseases some of the best hope they have received to date. Yamanaka, whose work has made iPS cells a household phrase in Japan, is determined that his research will be used in practical ways – sooner, rather than later, and the nation of Japan is cheering him on.

ーーーーーーーーー

「ノーベル賞受賞の発見は、藤田ヒロに希望を与える」

日本国中で、2012年のノーベル生理学・医学賞の受賞者を祝っている。山中伸弥氏が、画期的な細胞研究のために英国の科学者ジョン・ガードン共同受賞した。
その新しい技術は、パーキンソン病のような神経変性疾患をはじめとする、多くの種類の病気を治療するための新しい手法の扉を開くものだ。彼の研究は、関連DNAを処理することで成人の皮膚細胞をすべての体細胞が生成可能な幹細胞「iPS細胞」にすることができるというものだ。

難病で苦しんいる人々よりほど、この研究の成果を祝っている人はいないだろう。今やたくさんの藤田ヒロのような人々が、自分たちの状態を改善してくれる新たな希望を手に入れた。
山中伸弥氏の発見は、人間の様々な疾患に対する新しい細胞療法に、一歩も二歩も道を先へ切り開く可能性を秘めている。

2年前、ヒロが30歳で、マッキャンエリクソンにて前途有望なキャリアを積んでいたとき、ルー・ゲーリッグ病として知られている「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」と診断された。それはゆっくりと筋肉を萎縮させ、最終的には死をもたらす病気である。

ヒロは東京でマンションに一人暮らしをしていて、24時間のケアを受けている。介護人や彼のご家族は、毎晩交代でヒロのために料理したり、ベッドに横たえたりしてくれる40人もの友人たちを協力を得ながら、ともに彼をヘルプしている。
彼は、できるだけ長く自分のマンションに住むつもりだ。そして、今、山中氏のiPS細胞の発見に勇気づけられている。

「誰もが治療に対して大きな希望を持ちました。僕らにとって、これまでで最良の策だと思います。」と、ヒロは語る。
「彼らが動物実験で実証したことは、とても期待が持てると考えられます。動物にではなく、僕らに対してテストをする勇気を持っていただけたらと思います。」

科学の進歩は、実用化されるまでに、通常長い時間がかかる。
しかし、山中氏は、自らの発見をすぐに適用することを決心。ヒロに希望を与えている。現時点では、彼の状況は大変なものだし、一日一日を生き抜くために必死闘っている。

ヒロは言う。
「ある時点で、僕は病気を受け入れるのではなく、”闘うこと”を選びました。友人や家族たちとともに、病気と闘うことを楽しんでいます。ここに座って自分を憐れむのではなく、それこそが自分がやるべきことだと悟ったのです。」

ヒロはとてつもない量の勇気と、ユーモアのセンスに溢れた男だ。
ブログでは自分が直面するさまざまな感情を吐露しながらも、常にベストな状況になるよう心がけている。仕事にも体調さえ許せば出かけている。

ヒロの親友、スティーブは語る。
「妻と僕が子供を授かったとき、僕らはヒロに名前の相談をしたんだ。だって僕らは自分たちの子供が成長したときに、ヒロが持っているような強さと勇気を同じように身につけてもらいたかったから。」
「僕や妻や彼を知るすべての人々にとって、ヒロは素晴らしい人生のお手本なんだ。そして、僕らはみんな、いつだって彼の味方なんだ」

将来的に治療法が適用されても、これらの難病を患っている人々を果たしてどれだけ確実に救えるのかは、未知数である。

製薬会社インターナショナル・アライアンス(株)のリード・マウアー社長は語る。
「私たちは3つの影響に注目しています。まず、それを日本で研究することで、どれだけたくさんのお金を促すことになるか。また、それは新しい発見の数々を促すことにもなるかどうか。さらに、それは、視力や聴力の回復だけでなく、おそらく糖尿病のインスリン機能を回復させる膵臓復元を促すような、人への移植可能な細胞となるかどうか。」

マウアーは、「我々は現実的であるべきで、治療が利用可能になったときに、人々をぬか喜びさせてはならない」と語る。

「薬の開発には長い時間がかかります」と彼は言う。「安全性が大きな問題です。これらの細胞は、がんを引き起こす可能性があるかどうかは、誰も知らないのです。そのために、多くの臨床試験を長い時間かけなくてはなりません。だからこそ、これが明日すぐにどうのこうのできるとは考えない方が良いでしょう。
しかし、5年以内には私たちは病気を治すための新薬を見つけるつもりだと申し上げたいし、そうなるでしょう。」

ノーベル賞受賞者の山中医学博士は、マウスの皮膚細胞から多能性幹細胞やiPS細胞を誘発する画期的な方法を開発した。山中氏は、成人の皮膚細胞でも成功を繰り返している。

山中氏は言う。
「私は医者であり、研究者です。私の仕事は、医師として患者を助けることなので、
病気で苦しんでいる患者やベッドの中で寝たきりになっている人々を救いたいと考えています。私は彼らに、普通の生活を取り戻すお手伝いをしたいのです。」

彼の仕事によって、研究者が細胞株を作成することが許される空気がもたらされ、その細胞株によって、薬物療法から再生医療まで幅広く研究し、活用することができるようになった。

まだ初期段階ではあるが、山中氏が開いた突破口はヒロや同じような病気の他の患者にとって、これまでに受け取った最も力強い希望をもたらしている。
日本でiPS細胞を一般名詞化した山中氏は、より早く実用化されるよう心を決めた。
より早く、遅すぎることなく。日本中が、彼に声援を送っている。

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • del.icio.us
  • RSS
  • StumbleUpon

Tags: , , , , , , , , , , ,

One Response to Nobel Prize-winning discovery gives hope to Hiro Fujita

  1. bashar hashem on 12/06/2012 at 11:48 pm

    I had accident 5 years ago in Manila .Philippine,and had partail hip replacement .but surgeon in St Lukes screw up and made my leg 2 inches longer.can we have stem cell in phemor.am ready to come to Japan.
    thanks and best regards

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*